鳴海宿

東海道53次とは

東京(当時武蔵国)日本橋から京都(当時山城国)の三条大橋までを結ぶ街道の途中の宿場町です。

愛知県にある宿場町全部言えますか?

三河の国

33番目 二川

34番目 吉田

35番目 御油

36番目 赤坂

37番目 藤川

38番目 岡崎

39番目 池鯉鮒

尾張の国に入って

40番目 鳴海

41番目 宮

ここで宮の渡しで船での移動になり

伊勢の国に入り

42番目 桑名となります。

愛知県には9つの宿場町がありました。

それぞれの宿場町には特徴があります。

そのなかでも鳴海の宿は絞りの町として有名です。

今でも有松鳴海絞りとして約400年前からの伝統文化として残っています。

最近では国内だけでなく海外へも絞りのよさが伝えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です