名古屋の地産地消の7272

食の安心・安全問題には関心が高まっています。

ところが日本の食料自給率は39%

さらに日本の大都市の中でに魅力のない街NO.1輝いている

名古屋はわずか1%

※2015年度農林水産省調査より、カロリーベースで算出

名古屋の自給率をあげるにはどうしたらいいの?

地産地消の実態や、シニア世代の取り組みを調べてみました。

我々だからこせできることについて考えてみのしょう。

都市型産業を拡大せよ

消費地のすぐ隣に農地がある都市農業が地産地消率をあげます。

消費地のすぐ近くで採れた野菜は新鮮。搬送による二酸化炭素排出も抑え環境にも゜やさしい。名古屋市230万人は食の大消費地域で様々な問題を抱えています。

都市開発で農地が大きく減りました

農家の高齢化と後継者不足が深刻な問題になっています。

農地が年々減少し農地が点々としているので大規模な農業を始めるのには難しい状況です。

愛知県は日本有数の農業生産(全国7位)であり近郊都市と連携して広域で地産地消を進めることも可能です。

農家の高齢化、後継者不足では

自給農家が6割を占め専業農家は300戸にも満たなくなるまで減少しています。農家が減り地元野菜を販売したくてもできないのです。

家庭菜園とシニアの農業体験

定年でリタイアした方々が家庭菜園より一歩踏み込んだ農業研修が、名古屋市天白区の名古屋市農業センターで実施されています。自ら遊休農地を借りて収穫物を販売することもできます。

また農業ボランティア育成のための講座なども実施されています。

直売所や農業体験でシニアが地元野菜を食べられる機会が増えてはいますが、最近では地元食材を使った高齢者向け配食サービスで地産地消弁当として地域のつながりもでてきています。

朝市・マルシェで生産者の顔を見よう

生産意欲がわくのは、生産者の顔が見えた時、消費者と生産者がつながることが大切です。

しかし、ECサイトでもマルシェや朝市の雰囲気が体験でき、記事や写真、口コミなどで生産者の顔が見えると購入しやすくなります。

さらに梱包にもこだわり心のこもったお届けをすれば、ファンになり

リピート購入が増えていきます。

まずは地元野菜を食べてどこでこう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です