長寿のお祝いの疑問

還暦 還暦(かんれき)は数えで61歳の時に祝います。61歳の時に干支が一巡し、生まれた時の干支に戻ります。暦が還るため還暦といいます。

古稀 古稀(こき)は70歳のお祝いです。古稀の由来は、中国の詩人である杜甫の作品の一節に「人生七十古来稀」からついた名称です。

喜寿 喜寿(きじゅ)は77歳のお祝いです。喜寿の由来は、喜の草書体は 「喜」の字を草書体で書くと、七十七に見えるためです。 ■傘寿とは 傘寿(さんじゅ)は80歳のお祝いです。傘寿の由来は「傘」の略字が八十に見えるためです。

米寿 米寿(べいじゅ)は88歳のお祝いです。米寿の由来は「米」の字を分解すると八十八の形になることに由来します。

卒寿とは 卒寿(そつじゅ)は90歳のお祝いです。「卒」の字の略字が九十と読めることに由来しています。

白寿 白寿(はくじゅ)は99歳のお祝いです。「白」は」「百」という字から「一」を引いているため付けられた名称です。

百賀 百賀(ひゃくが)は百歳のお祝いです。

昔は40歳から10年毎に長生きのお祝いをしていました。40歳は四十賀、50歳は五十賀と続きます。 超高齢化社会の日本では長寿のお祝いの方法も変えてもいいと思います。 一般的に会社を定年退職し年金支給が始まる65歳を高齢者と呼ぶ傾向がありますが、定義の由来は定かではありません。1956年の国連の報告書において65歳以上の人々を高齢者として取り扱ったことがその由来だと言われています。日本では急激に寿命が延び世界一の長寿国になりつつあります。『高齢者』をどのように取り扱うべきかの本質的議論が必要です。 人生100年時代に本当に65歳以上を高齢者として扱ってよいのでしょうか? 還暦こそはやはや高齢・長寿のお祝いというより生まれ変わって、新しい第二の人生へのスタートのお祝いとして考える風習になってもいいいのではないでしょうか?

敬老のお祝いなら100歳の百賀を祝ってもらえるよう、頑張って健康に暮らして行きましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です