ESGとSDGs

ESGとは

 ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字から作られたた言葉です。今は、企業の長期的な成長発展のためには、ESGが示す3つの観点が必要だという考え方が世界的に広まっています。一方では、ESGの観点が薄い企業は、大きなリスクを抱えた企業であり、長期的な成長ができない企業だということを意味します。ESGの観点は、企業の株主である機関投資家の間で急速に広がってきており。投資の意思決定において、従来型の財務情報だけを重視するだけでなく、

 ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったものです。今日、企業の長期的な成長のためには、ESGが示す3つの観点が必要だという考え方が世界的に広まってきています。一方、ESGの観点が薄い企業は、大きなリスクを抱えた企業であり、長期的な成長ができない企業だということを意味します。ESGの観点は、企業の株主である機関投資家の間で急速に広がってきています。投資の意思決定において、従来型の財務情報だけを重視するだけでなく、ESGも考慮に入れる手法は「ESG投資」と呼ばれています。ESGと似た概念にSRI(社会的責任投資)という言葉がありますが、最近ではESG投資のほうがより使われる傾向にあります。ESG投資は、他にも「責任投資(Responsible Investment)」「持続可能な投資(Sustainable Investment)」など様々な呼称がありますが、意味は同じです。

SDGsとは持続可能な開発目標

今は各企業が積極的にとり組んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です