アフターコロナに向けて価値観を考え直す

世界的な問題になっている新型コロナウィルス問題

収束から終息への目途はつきません。

全世界が見通しのたたないことに不安を感じています。

特に経済の不安は増しばかりです。

ウィルス感染がピークアウトした頃、経済には多大な影響がでているのではないでしょうか?

我々は耐えててくと同時に収束後のアフターコロナに向けて考えていくべきです。

アフターハロウィンは崩壊した経済と心身疲労した人々を徐々に回復していかなければなりません。バブル崩壊、リーマンショック、大震災後には人々の価値観がかわりました。

アフターコロナはまた新しい価値観を持って行動していくことが幸せな生活に近づけるのではないでしょうか?

woman wearing face mask
Photo by Anna Shvets on Pexels.com

 

マスクを外して安心して人々と交流できる時は必ず戻ってきます。

その時に停滞していた思考や行動を見直していては手をつれになります。

今ピークアウトに向けて知恵を絞り準備を勧めましょう。

 

そのためには好奇心

とにかく新しいものや自分の知らなかった分野のことに触れてみることです。

現在き80%は軽症とか、手洗いしようとか、クラスターを避けようということの繰り返し報道で情報が埋まっています。そのなかで新しい芽をみつれていききましょう。

ウィルス感染したら運が悪いと思うのは間違えです。

運が悪いのき好奇心が足らないからです。

あいにままた以前のように自由に外を動きまわることはできません。

しかし人混みを避けて散歩で街歩きなどしてみると、人込みに隠れていた見えなかった風景が見えてきます。そこに新しい気づきがあります。

 

woman in black coat taking photos
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

 

多様化の時代でせっかくイノベーションを起こそうとしていてたのがここでストップしてしまいました。新しい価値観、好奇心で人々の行動は変わります。

アフターコロナでは、現在の騒動を教訓に医療についた大きく見直されるでしょう。

インバウンドについての取り組みも変わっていきます。サプライチェーンの見直しも必要です。

新しい時代への準備期間をどう過ごすがで人生100年時代の幸せ度が変わってきそうです。

a happy couple with hot air balloon on background
Photo by Taryn Elliott on Pexels.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です